そこそこ忙しいけど楽して生きたい

30代独身、家電やガジェット、旅が好き。のんびり楽しく生きていく。脱社畜からの転職で拘束時間と収入激減、時間とお金をどう使う?ひとりが落ち着く自分大好き人間が、自分を最適化しながら何故かあちこち飛び回る!さあ人生はこれからだ!

新幹線予約の「EX予約」と「スマートEX」の違いは?どっちがお得?それぞれのメリットデメリット

東海道・山陽新幹線のネット予約サービス

新幹線をインターネットで予約できるサービス、といえば皆さん聞いたことがある方も多いかと思います。

 

こちらのサービスが「EX予約」そして「スマートEX」。

 

えっ?同じじゃないの?と思ってしまいそうですが、実は別のサービス。

結局何がどう違うのか、比較してみました。

 

<目次>※リンクから各項目に移動できます 

 

EX予約とスマートEXの違い

まずは、こちらの表をどうぞ。

f:id:p_pk:20180517204552p:plain

エクスプレス予約とスマートEXは何が違いますか?  より

 

この表は、EX予約公式ページ「よくあるご質問」からアクセスできるPDFの中にあります(見つけにくい)

 

では実際にこの表をベースにしつつ、ここに書かれていないメリットなども含めてご紹介していきます!

 

EX予約、スマートEX共通のメリット

EX予約とスマートEX、共通のメリットとしては

  • スマートフォン・PCから簡単に座席を指定して予約可能
  • 何度でも手数料無料で予約変更可能
  • チケットレスで、ICカードで新幹線に乗車
  • 早割きっぷなどを利用可能
  • 複数人数分(最大6名分)の予約も可能

 

これ、一度使うと本当に便利で、

例えば、予定より早く駅に着きそうな場合や遅れそうな場合なども、移動しながらスマートフォンから予約を変更することが可能です。

(最悪乗り遅れても、自由席を利用できます)

※いずれも、新幹線の改札を通る前まで変更可能

 

そして何より券売機やみどりの窓口に並ぶことなくインターネット上で完結できてしまうのでとっても便利。

 

また、いずれも1度に6名分まで予約が可能です(この場合は券売機等で人数分のきっぷを受け取る必要あり)

 

EX予約、スマートEX共通のデメリット

  • 「大阪市内」「東京都区内」などが使えない

 

例えば普通に窓口で「新大阪~東京」というきっぷを購入すると

「大阪市内→東京都区内」という乗車券がもらえます。

f:id:p_pk:20180517212143j:plain

 

要するに、このきっぷで

例えば「大阪駅で在来線に乗車→新大阪で新幹線に乗車→東京駅→在来線で秋葉原まで」という移動が可能になります。

 

それが、EX予約あるいはスマートEXの場合は、

あくまで新幹線の乗車券を購入するだけなので「大阪-新大阪」「東京-秋葉原」の乗車料金が別でかかります。

f:id:p_pk:20180517231133j:plain

 

ちなみに、一度改札を出なくても手持ちの交通系ICカード(Suicaなど)を重ねてタッチすることで乗り継ぎが可能です。

 

 

では、次にそれぞれの特徴と、メリット・デメリットを比較します。

 

EX予約(エクスプレス予約)

まずEX予約。エクスプレス予約と読むらしいです。

実はこのEX予約にも2種類あります。

 

EX予約(JR系クレジットカード)

まずはJR系のクレジットカードで利用できるEX予約です。

具体的には「JR東海エクスプレス・カード」もしくは「JR西日本J-WEST
(エクスプレス)カード」のいずれかのクレジットカードが必要です。

 

EX予約(JR系クレジットカード)のメリット

1年中お得な運賃で乗車可能

例えば新大阪-東京なら、

年末年始やお盆期間関係なく、指定席が13,370円で利用できます。

 

f:id:p_pk:20180517231522p:plain

http://jr-central.co.jp/ex/express/#sup1 より

 

通常料金であれば14,450円、自由席でも13,620円なのでそれだけでもお得ですが、若干料金が高くなる&金券ショップの回数券が使えない年末年始なども同じ価格で利用できます!

 

お盆や年末年始など、決まって帰省される場合はかなりお得です。

 

グリーンプログラム

こちらのメリットは、なんといっても「グリーンプログラム」

利用回数に応じて、例えば新大阪-東京間なら6往復すると、次回は無料でグリーン車に乗ることができます!

 

EX予約(JR系クレジットカード)のデメリット

 

年会費1,080円 専用のクレジットカードが必要

先述のとおり、「JR東海エクスプレス・カード」もしくは「JR西日本J-WEST
(エクスプレス)カード」のいずれかのクレジットカードが必要です。

年会費は1,080円かかります。

 

 

専用のICカードが必要

専用クレジットカードがあれば乗れると思いきや、乗車専用のICカードが別で必要です(笑)

 

EX予約(JR系クレジットカード)が向いている人

正直、年会費に関しては年に1回でも新幹線を利用するなら元が取れるお値段。

一番のネックは、専用カードが増えること。

 

なので、このEX予約(JR系クレジットカード)が向いているのは

「出張などで、余裕で6往復以上利用する人」や

「カードが増えても良いから、とにかくお得に新幹線を利用したい人」

 

 

EX予約(対象クレジットカードを利用・プラスEX(旧EX-IC))

旧「EX-IC」

実は私は、元々はこの「EX-IC」会員でした(既にサービス終了)。

 

そしてこの「EX-IC」サービスは2017年「EX予約」に統合され、「EX予約(プラスEX)と呼ばれています。

 

 

対象のクレジットカードのオプションとしてEX予約が利用できるので、クレジットカードを増やさなくて済むのが特徴です。

 

いや、ええけど・・・既に名前がごっちゃになりそう。

既に持っているクレジットカードに「プラス」する、って覚えて下さい!

 

EX予約(プラスEX)のメリット

1年中お得な運賃で乗車可能

1年中、EX予約(JR系クレジットカード)と同じ価格で新幹線を利用できます。

こちらも同じく、お盆や年末年始など、決まって帰省される場合はかなりお得です。

 

対象クレジットカードが利用可能

もし手持ちのクレジットカードが対象であれば、わざわざ専用クレジットカードを発行する必要はありません。

カードのポイントを貯めたい!という方にも便利。

 

対象クレジットカードは、下記ページで確認できます。

http://jr-central.co.jp/ex/guide/card.html

 

EX予約(プラスEX)のデメリット

グリーンプログラムは対象外

利用回数に応じてグリーン車に乗れる、グリーンプログラムは対象外です。

 

年会費1,080円 

専用クレジットカードは不要ですが、年会費が1,080円かかります。

 

専用のICカードが必要

結局いるんかーい(笑)

 

EX予約(プラスEX)が向いている人

こちらも年会費に関しては年に1回でも新幹線を利用するなら元が取れるお値段。

 

なので、EX予約(プラスEX)が向いているのは

「カード増えるの面倒だし、たまにしか新幹線乗らないけどお得に新幹線を利用したい人」

 

私はこのパターンです。

グリーンプログラムは惜しいけど、年に数回しか乗らないからこれで十分。

 

 

スマートEX

最後に、スマートEXです。

 

もう、似たような名前ばかりで混乱してきたかと思いますので、

名前のとおり、スマートに特徴をご紹介します!

 

  • 年会費無料
  • 手持ちの交通系ICカード(Suica、ICOCAなど)で乗車可能
  • 手持ちのクレジットカードから引き落とし
  • 窓口で購入するのとほぼ同じ価格(数百円割引あり)

 

f:id:p_pk:20180517232716p:plain

http://jr-central.co.jp/ex/smart/#point より

 

要するに、

好きなクレジットカードやICカードが使えるし、

あんまりお得にはならないけど、カード増やさずにネット予約できるよ!

 

ってこと。

 

いやー、スマートだわ!

 

スマートEXが向いている人

ズバリ、スマートEXが向いている人は

「ごちゃごちゃ考えずにサクッと新幹線を利用したい人」

「ミニマリストな人」

 

です!!!

 

 

まとめ

EX予約(JR系クレジットカード)が向いているのは

「出張などで、余裕で6往復以上利用する人」や

「カードが増えても良いから、とにかくお得に新幹線を利用したい人」!

 

EX予約(プラスEX)が向いているのは

「カード増えるの面倒だし、たまにしか新幹線乗らないけどお得に新幹線を利用したい人」!

 

スマートEXが向いているのは

「ごちゃごちゃ考えずにサクッと新幹線を利用したい人」

「ミニマリストな人」

 

以上、参考になれば嬉しいです!

 

参考リンク

エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

「スマートEX」気軽にネット予約で新幹線を利用するなら!

 

 

関連記事